沿革

昭和22年4月

初代、渡邊広次が個人商店を基盤として、梱包資材販売を主とした有限会社渡邊を設立する。
資本金200万円


昭和39年12月

梱包資材および機械工具を扱う株式会社渡邊を設立し、店舗及び倉庫を完備する。
資本金400万円


昭和62年7月

渡邊広次の勇退により、渡邊 賢が代表取締役に就任。仕入先及び販売先にも拠り一層の信頼を深め、堅実なる経営を推進し、40有余年にわたり築き上げてきた経営基盤の上に「地域社会に貢献」をモットーとして経営を推進し現在に至る。


平成7年8月

平成12年、商法改正に伴い資本金の増額及び登記する。
資本金1,000万円


会社案内の記事


RSS FEEDRSS FEED  TOPPAGEトップページ  TOPページの先頭へ